原因と治療を考察し、耳鳴りの音と耳のトラブルを見直す

関連症状と耳鳴りの関係原因

難聴の原因


難聴の原因は? - 症状考察 -


難聴になると耳鳴りや耳詰まりなどの症状が出ることが多いとされています。難聴の原因の一つには、不眠やうつなどストレスがあげられます。

耳鳴りには本人にしか聞こえない自覚的耳鳴りと外部からでも聞くことができる他覚的耳鳴りに分けることができます。

自覚的耳鳴りは難聴とともに発症する場合が多く、耳鼻科で診察を受ける耳鳴り患者の80%以上が何らかの難聴を伴うと言われています。耳鳴りの症状が出たら耳鼻科で聴力検査を受けることが必要です。

難聴の自覚症状がなくても聴力検査で軽度の難聴が発見され、突発性難聴と診断される場合が多くあります。難聴の原因は明確になっていませんが、「ウイルス感染説」や「血液循環障害説」が考えられています。

突発性難聴の治療ではステロイド剤の内服や点滴、高気圧酸素療法などが行われます。

突発性難聴の状態で時間をあけてしまうと、症状が固定してしまい、治療をしても回復の見込みがなくなる場合があります。

通常は診察後、3週間程度の治療で難聴の状態が改善されなければ、回復の見込みは少ないとされています。

難聴や耳鳴りが慢性的になると漢方薬の服用や鍼灸などの療法を行うこともありますが、確実に回復する見込みは少ないようです。



耳鳴り症状

耳鳴り
耳詰まり
難聴

五十肩
腱鞘炎
腰痛
頭痛
耳鳴り改善




Copyright© 耳の異常で耳鳴りに悩む. All rights reserved.